膣のゆるみは1人で悩まず相談しよう|早めの対策で悩みを解消

危険な病気になる前に

女性

膣は赤ちゃんを出産する上で必要とされているものです。そのため、膣のゆるみは出産経験をした人に起こる症状とされています。膣のゆるみの原因としては、膣が赤ちゃんの産道になっていると認識されている人が多いですがそれは大きな間違いであり、本当は筋肉に負担をかけていたためとされているのです。妊娠中は胎児が入っている子宮を骨盤底筋郡の筋肉によって支えています。しかし、出産の時にこの筋肉が長時間に渡って引き伸ばされてしまい出産が終わっても収縮ができないため膣がゆるんでしまうのです。また、出産経験がなくても加齢や姿勢、肥満などによっても膣のゆるみを引き起こしてしまう可能性があるため気をつけるようにしましょう。

人によっては、膣がゆるんでも気にせず放置してしまう人もいます。しかし、膣のゆるみを放置していますと子宮脱という危険な病気を引き起こしてしまいます。子宮脱とは筋肉で支えられなくなった子宮が下がってしまい外に出てしまう症状です。また子宮以外にも、膀胱や直腸も一緒に下がってしまい排尿や排便の際に障害を起こしてしまう場合もあります。そうならないためにも、膣のゆるみを放っておくのではなく早めに治療するようにしましょう。早めに治療することで最悪の状態を防ぐことができるのです。日常生活の中で、尿漏れをよくするようになったり、妊娠もしてないのにお腹が出ていたり、排尿の時に尿を途中でとめられなかったりする場合などは早めに病院へ行って医師に相談するとよいでしょう。

清潔に保とう

ヒップ

デリケートゾーンは肌トラブルを起こしやすい場所であるため、常に清潔に保つようにしておきましょう。そのため、お風呂では丁寧に洗うことが大切です。デリケートゾーン用の石鹸も販売されているため一度使用してみると良いでしょう。

More Detail

注目されるナプキンの種類

笑顔の女の人

現在では、生理の時に紙ナプキンを使用するという事が主流となっていますが、最近ではオーガニック素材でできた布ナプキンも人気が高くなっています。それぞれの違いを知り、自分に適したものを使用するとよいでしょう。

More Detail

悩みが解消できる

笑う女性

小陰唇の大きさについて悩んでいる女性は沢山います。しかし、小陰唇縮小の手術を受けることで悩みを解消させられるのです。小陰唇縮小の手術をする場合は、一度医師に相談をしてから受けるようにしましょう。

More Detail